おむつ犬誕生記
おむつ犬●PART-1
16歳の春
チエは捨て犬でした。
もちろん、雑種です。
雪の夜に拾ってから16年と半年、いっしょに生活してきました。

昨年のゴールデンウィーク、いきなり足腰が立たなくなり、食事をとらなくなりました。
その日の朝まで、ドッグフードをしっかり食べていたのに……。
10年ほど診てもらっている獣医師に相談すると、大先生はカルテを見て、「抗生物質はダメだ、食べなくなるよ」と言われました。その前々日、その動物病院の若先生が目の縁にできたイボ状のデキモノを取って、抗生物質を出してくれたのです。
抗生物質をやめましたが、状況は変わりません。何も食べず、何も飲まず、自分だけでは犬小屋から出ることもできない状態に、再度、獣医師に相談しました。今度は、抗生物質を出してくれた若先生です。
「16歳ですからねえ……」
歳だから、もう仕方ないでしょうとでも言いたげな口ぶりです。
「無理に歩かせたりせず、静かに寝かせておく方がいい」とも言われました。